ハウス内のブルーベリーの様子

アクアフォーム栽培を初めて1か月。
潅水装置を作成して3週間経ったので、現在の様子でも報告。

まず養液を入れてるタンクですが、
直射日光が当たると藻が発生してしまうので、日に当たらないように囲いを付けました。
これでも不充分なので、さらに対策が必要みたい。最終的に四方を囲うしか無さそう。
IMG_20190526_134653.jpg
あとの問題点として、あとこのタンクの容量が50Lなのですが、
2週間で使い切ってしまうので、毎週末の水追加が地味にめんどくさい(^^;)
もっと大きなタンクを用意すればよかった。

使ってる水中モーターは、3週間水に浸かりっぱなしでも順調に動いてます。
心臓部の水中モーター 3cmくらいの小ささけど元気。
IMG_20190526_173629.jpg

肝心のブルーベリーですが、植え替えてから一時期成長が止まりましたが、
今のところ枯れずに育っています。
余ってたアクアフォームを追加したので、上部がまた緑になりました。
IMG_20190526_134554.jpg

同じく余っていたアクアフォームを使ってWポットにもチャレンジしてみました。
IMG_20190526_134633.jpg
断熱効果がうんぬんで成長がいいとか?
ユーリカ4本あるので、2本Wポット、2本通常ポットで成長具合を比較していこうと思います。

根元からサッカーがでてきたユーリカ
IMG_20190526_134735.jpg
同じくプリマドンナ
IMG_20190526_134756.jpg
環境が激変したからか?枝部分からのシュートではなくサッカーがでてくるように。
既存の枝部分はあまり成長していない状態です。

続いて土耕(ピートモス)栽培の方ですが、
順調すぎて水切れが頻発するので、順次鉢増しを行っています。
IMG_20190526_134932.jpg
ドリッパーを使った点滴栽培だと、水が横方向に広がって全体に行き渡ると書かれてたけど、
ピートモスだと浸透率が違うのか、斜めに広がるだけなので
ドリッパーの反対側が常に乾いた状態に。
アクアフォームは全体に水が染みてるので、この辺が違うところですね。
仕方がないので、週一で上から手動潅水して調節しています。

ハウス内の幼果はセブリングだけとなり、しかもまだ着色していないので、
収穫を早める目的の促成栽培としては失敗となりました。
セブリング 幼果
IMG_20190526_135110.jpg

現状は、アクアフォーム栽培とピートモス栽培を同じ養液でやってるから、
どっちつかずの状態になりつつあります。
必要な栄養素も違うし、ハウス内はアクアフォームのみに切り替えた方が良いですよね・・・

■おまけ1
JAにいったらアクアフォーム(ブロック)が売ってました。
1ブロック150円。メードインジャパンの主張がすごい(笑)
マイナーだと思ってたけど結構有名そう。
IMG_20190526_113725.jpg

■おまけ2
アクアフォームを触ると必ず出る大量の緑粉。
凄い細かいのでちょっと風が吹くだけで大量に舞い散ります。
いくら人体に影響がないと言っても、蓄積による塵肺などもあるわけで、
これはどうなんだろう?とちょっと心配(^^;)
IMG_20190526_171921.jpg


ブルーベリーを栽培する人が増えますように

ブルーベリーランキング

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

きゃすたぁ

Author:きゃすたぁ
愛知県西部在住

2017年春から果樹を育て始めました。プライベート果樹園目指して栽培中。
今はブルーベリー、イチジクがメインです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2018/12/13~)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク